読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな循環器看護師まる

自身の勉強をこつこつと。

循環器病棟で働く④

循環器病棟は細かい指示が多い。

 

例えば

HR af移行時コール

Hr 300ml/6h以下、Drコールorラシックス1A iv

バランス1検or3検

ADLベッド上安静、トイレ、検査は車椅子移動等

 

大事であるのは間違いないです。

移動に限って患者の気持ちで考えれば、

 

どうしてこんなに私は元気なのに、

移動は車椅子でなきゃいけないのか。

トイレだけで呼ぶのは気が引ける。

等と大抵の人は話します。

 

私はいつも傾聴して、そうですよね。

こんなに元気なのに、どうしてでしょうね。

と、まずは同意をするのです。

 

正直言うと、もうこの安静度は必要ないんじゃないか、

と思う人もいますが、必要な人もいるのです。

わかっているのですが。

 

この辺のさじ加減を調整する医師も大変です。

だけど、たまに患者さんの気持ちも聞いて欲しい。と思います。

 

以下、個人的な意見です。

治療が落ち着いた割に、安静度指示が中々拡大しない。

そして筋力的に弱った状態で、もう自宅ではみれないと家族から突き付けられる。

リハビリも兼ねて施設なり他の病院を検討しましょうか。

 

このような事例は多くあることでしょう。

本人の治療状況上(既往含め)しょうがない部分もありますが、

私達医療者側の責任も多少はあるのかなぁ、と毎度思います。

 

だからこそ無理ない範囲で離床を促していきたい。

と、私は考えて仕事をしています。

 

いつもより真面目度が2割程増してすみません。笑