読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな循環器看護師まる

自身の勉強をこつこつと。

PVCショートラン?VT?NSVT?SVT?

 

?マークの多いタイトルにしてみました。

タイトルにピンと来た方は心臓系に疾患のある方or携わる人かと考えます。

 

タイトルは心電図用語です。

?マークにしたのは使用方法の差です。

 

まずPVC(or VPC)ですが、心室性期外収縮と名前があります。

これを基準に考えてです。

 

PVCが2連発続くと、PVCペア。

PVCが3連発~4連発(or 5連発)続くと、PVCショートラン。

PVCが5連発以上続くと、VT(心室頻拍)

PVCが5連発以上、30秒未満で治まるのはNSVT(非持続性心室頻拍)

PVCが5連発以上、30秒以上で治まるのはSVT(持続性心室頻拍)

 

*上記は文献により差がありますので、自身の信じる本を参考にお願いします。

 

そんなわけで心室性期外収縮の名前だけで表現は多岐。

これじゃ心電図が嫌いになる方が多いのも普通に思えます。笑

 

個人的にはPVC3連発以上からVTと表現する人もいますが、

某尊敬する医師に、それはショートランだろ?

と、突っ込まれて以来はショートラン信者です。笑

 

何故にこの記事を書いた方と言うと、

表現が多岐なせいもあり、報告する側の看護師は非常に困ります。

 

私も新人の頃は心電図上にVTが出現すると、

数をしっかり数えて、「○○先生、VT16連発出現してました!何かしますか!」

と焦って言ったものです。

 

勉強してわかったことですが。

何十連発と数を数えるのも大事かもしれません。

それ以上に既往疾患含め(特に心筋梗塞)

何秒程度続き、患者の状態はどうだったのか、と言うことが大事です。

 

今なら

「○○先生、○○さんですが10秒程度のVT出現。自覚症状ありません。血圧は110台と保たれていました。薬は○○内服中。VTに対して何か処置はありますか」

ぐらいまで言えそうです。

 

奥が深いです、心電図。

 *その他、お勧め循環器看護教本